R君の霊体験 

 

今回は私の可愛い甥っ子の一人

~アール君編~

13年程前その頃私がまだピッチピッチの20代後半(笑)の頃

甥っ子は8歳下当時(20歳位)なんですが

シャイで男気あふれるイイ男なんです

ツライ思いもイッパイしてきたけど負けず

挑戦してきた可愛いアール君

私が働くアロマの店に彼女(現奥様)と来て

足つぼコースうけながら(イチャイチャずーっと二人は手をつないでる)

何しに来たんだよとツッコみを入れながら若いね~とかなんとか

色んな話をしているうちに

なんと

霊さんの話になり

私が霊感体質なのは内緒

アール君は霊さんが視えてしまうので

同棲している彼女(現奥様)を怖がらせたくないと

言うではないですか?!

一緒じゃ~ん?

アタシも視えるよ

感じるよ

と思いつつ

「怖くないの?」と聞くと

「全然」と言います

「悩んでるのは彼女に何かあったらキツイなって」

アール君メッチャ!

カッコイイww

私もその頃家族に何かあったら

と不安である本で読んだ霊を近づけない

対処法の「明るくふるまう」で

心も体疲れてボロボロ状態

痛いほどキモチがわかり涙がでてきて、、、、

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

がそのとき

一番ビックリしていたのは彼女さん

「えー知らなかったコワーイ(;O;)」

と泣きそう顔

まだ手をつないだまま

私:「えっ○○ちゃん知らなかったの?」

アール:「だって こいつが怖がりだからさ」

彼女:「アパートに帰るのコワイ」

私:「ここでカミングアウトかい」

てな感じで小さな騒動です

アール君も視える

感じるの霊感体質なので

自身は怖さがないものの

このカワイイ彼女に何か起こるんじゃないかって

心配してたわけですよ

アール君いわく

今住んでいるアパートで

霊現象が頻繁にあるとのこと

先日は彼女が出かけていて
仕事の疲れでその日は昼頃まで一人で寝ていたら
何ともいえない
暑いしだるい

寝ぼけながらも起きると

和室の寝ている部屋に

なんと

軍服を着た男性が和室の部屋で正座をしてる

しばらく二人は目を合わせ

ジーッとしていたと

アール君は

何かの間違い?

寝ぼけてんのか?

泥棒か?と考えていたそう

だんだんと

イライラしてきた

アール君は「人の家で勝手に何してんだー( `ー´)ノ」

と言っちゃった

その

瞬間にフッと姿が消えた

もう少し優しく言えばよかったかな?

だって( ゚Д゚)

その霊さんはそれ以降は姿を見せなかったようです

そのアパートは事故物件ではないが

私が20歳の頃に友達が住んでいたので

2回ほど遊びに行ったが昼間にかかわらず

ゾワー(/ω\)として

近寄りたくない印象ではありました

そこに住んでいると聞いて

私はあそこか~と思いましたが

彼女の手前何も言えず、、、、、

彼女は何も感じないし

視ないと言うので

こんなに男気のあるアール君がいるから

大丈夫ってことで

万事オッケイ(*’▽’)?

二人は仲良く帰っていきタイミングよく

そのアパートも引っ越すことになったので

まー良かった良かった

アール君も霊感体質あるものの

強さがあるので自分で対処できるんです

楽しんでいきましょ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP